by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

経験則

勉強にしろ、このブログにしろ、あるいはサックスの練習にしろ、私は気が乗らなければ徹底的に手を抜きます。というか、そもそも手をつけようとしません。

「気分が乗らないときになにかやっても、それはすこぶる能率が悪いものにしかならない」という信念を持っているために、頭が痛い、目が痛い、雨が強く降っている、どうも今朝の食い合わせが悪かった、お腹が空いて力がでないよ~、などといった理由のために、しようと思っていたことを放棄することが度々あります。
バイトや誰かとの約束など、直接的に他の人間が関わってくる場合にはそんな無責任なことは言ってられませんし、言っちゃいけませんが、こと自分個人である程度完結しうる事柄においては、この信念が常についてまわります。

短いながらも生きてきたこの21年、その中で形成された経験則なので、生半なことでは変えられない気がします。
まあ特に変える必要があるとは思わないんですけど、それでも困るのは「勉強」という分野において。
日々の積み重ねが大事なんてのは、一応受験を通ってきた身としてわかっているつもりだし、高校三年生の時分には実際できていたのですが、この大学の三年間ですっかりたがが緩んでしまいました。

なもんで、院試の勉強をするにあたってちょいと困っています。一ヶ月ほど前からちょこちょこと勉強を始めてはいるのですが、それもどうにも散発的。いまいち継続して毎日勉強することができません。いや、しなきゃいけないのはわかっていますが、いかんせん「気分が乗らない」。
とはいえ、昨日の「日記」に書いたとおり、八月に予定していたことが白紙になったために、勉強ぐらいしか真面目にすべきことがなくなってしまいました。ここで覚悟が決まれば、「気分も乗ってくる」と思われます。今日もまた勉強を(久しぶりに)しました。明日も続けばいい波が来そうです。幸いにして今はテスト期間。勉強の習慣をつけるには非常にいい時期です。

また、「気分が乗らないときは能率が悪い」ということは、「気分が乗ったときのアクセルのかかり方が半端ない」ということです。これも経験則。習慣さえつけば、あとはアクセルがかかるのを待つのみ。その時を待って、じっとルーチンに耐えるのです。

他の経験則に「本当にぎりぎりにならないと覚悟が決まらない」というのもありますが、それはさすがに変えないとまずそうです。昔から「長期的なスパンで準備をしておく」ということが嫌いな子供だったようで。
[PR]
by yamada-07 | 2005-07-10 01:54 | 駄文