by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リバイバル

バナナは腐りかけがうまいとはよく言いますが、なにもバナナに限った話ではありません。

私は、「一回りしたネタは再び面白くなる」という理論を提唱します。

例えば「だっちゅーの」。
パイレーツが一斉を風靡した(と言っていいのか定かではありませんが)のは、1998年。遡ること7年前です。
別に面白くもなんともないのに、ただオパーイを強調するという荒業のみで流行語大賞を受賞した、なんともパワフルなコンビでした。
ちなみに当時の他の受賞語は「変人・軍人・凡人」(田中真紀子)、「ハマの大魔神」(佐々木主浩)、「ボキャ貧」(小渕恵三)などがあります。隔世の感がありますね。

閑話休題。
この「だっちゅーの」。今だったら、使いどころさえ間違えなければ、かなり面白いんじゃないかと思います。
具体的に「どこで使えるのか」と問われると非常に困ります。ネタってのは状況を選ぶし、なにより使う人を選びますから。
しかし、そのリスクの高さゆえに、ここ一番のタイミングで使えれば、馬鹿ウケ必至だと思います。
私なら、今「だっちゅーの」をうまいタイミングで使える人がいたら、その人を絶賛してやみませんね。

他に一回りしていい感じの言葉に、「えーちゃんにシュッ」とか、「だいじょぶだぁ」とか、「聞いてないよ~」とか、「同情するなら金をくれ」とか、「チョベリバ」などがあるかと。

書いててどんどん自分が一人ぼっちになってる感じがしてちょっと怖いです。

まだ時期尚早な言葉は「なんでだろ~♪」、「間違いない」、「ゲッツ!」、「……ですから。残念!」、「へぇ~」などでしょうか。
これらがまた脚光を浴びるには、もう数年寝かす必要がありそうです。
寝かして、忘れていなければ。


私は「……デタラメ?」(爆チュー問題)はそろそろありだと思うのですが、それに賛同してくれる人はまだ一人しかいません。どうでしょうかね?
[PR]
by yamada-07 | 2005-07-11 00:39 | 駄文