by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

人間いつまでも成長し続けることはできないわけで

私こと山田も、今年で22歳。
中学や高校の時分に比べて、ずいぶんと体力が落ちたなと感じることもしばしばです。
6時間睡眠が三日も続くと辛いし、楽器をもって移動をするのもひどくしんどい。
肉体的な老いを、少しずつではありますが、ひしひしと痛感しています。

しかし、肉体ばかりではなく、脳みその方もそろそろ下降線をたどりだすらしいです。
聴くところによると、人間の脳みそのマックスは22歳の頃で、以降、確実にその能力は衰えていくそうな。

この話を聴いたのはつい最近なのですが、非常に強いショックを受けました。
体のほうが衰えているのに、頭のほうはそのまま死ぬまで成長し続ける。そんな虫のいい話はないですが、どうやら私は、その話を知っているだけで判っていたわけではないようです。
I've known,but have not understood.
って感じでしょうか。


しかし、22を過ぎてからだって、いくらでもすばらしいアカデミックな業績を人は残しています。
むしろ若いと呼ばれていた頃より老いてからの方が、主要な学術的発見はなされているはずです。
なぜ脳の機能が衰えているにも関わらず、人は年をとってからも知的活動を行えるのでしょうか。


人は学問を修めるときに、単に知識だけを学ぶだけではありません。
むしろ、ただ知識を得ることを学問とは呼べません。
人は学問を修めるときには、知識と同時に思考様式を学んでいるのです。

物理学であれ、精神分析であれ、人類学であれ、ロシア文学であれ、社会学であれ、あらゆる学術領域には様々な思考ツールがあります。
思考ツール。それは先行研究といってもいいのですが、人はある学問を学ぶときにはその先行研究をまず学び、いかなる方法でその分野に取り組むかを最初に習得します。
先行研究無しには、その分野を学ぼうと思ってもどこにもいけません。スタート地点で立ち往生です。その意味で各分野の先駆者というのはとてつもない知性の持ち主ですが、それはまた別の話。


ちょっと話がそれました。
とにかく、人が年をとっても、すなわち脳みその能力が衰えてもまだアカデミックに活動しうるのは、その個別的な各知識以上に、知識を包括的に活用できる「思考様式」というものを脳に溜め込んでいるからです。多種多様な思考様式があるからこそ、個別の知識を様々の形に結びつけ、そこから新しい発見ができるわけです。

脳のスペックが落ちても、その内部の合理化が衰えていくスピード以上に早ければ、相対的に脳の活用能率は上がっていきます。

そろそろ大脳皮質の曲がり角の山田としては、この考えを忘れずに勉強しようと思います。頑張れ俺。
[PR]
by yamada-07 | 2005-07-17 01:11 | 雑記