by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

EQテストについて思う2、3の事柄

昨日やってみたEQテストですが、各方面で反応があって嬉しい限りです。
で、そんな当テストですが、少し考えてみたい点がいくつかあったので、今日はそれについて。

気になったことは、各質問項目がどのように結果である各EQにつながったのか、そして、各項目から結果への収斂は、なんらかの自明の前提が作用しているのではないか、ということです。

対自己EQで言えば、例えば
(36) 気分がのらない時には,自分に喝(かつ)を入れることができる。
は、「スマートさ」、あるいは「自己コントロール」に分類されると思われます。
私はこの設問には「ややあてはまらない」を選択したように記憶しています。その理由は、私は気分がのらない時は気分が自然とのり出すまで待つ、ということを信条としているからです。あえて喝を入れてもそれが功を奏すとは限らないので、自然と自分から行動を起こすテンションになるまで待った方がいい、という経験則があるが故なのですが、この場合も一律に「スマートさ」、「自己コントロール」が低い傾向にあると括られてしまうと思われます。
また
( 4 ) 失敗しても,いい経験をしたとすぐに立ち直ることが出来る。
も、「いい経験をした」という文言のために、仮に立ち直りが早くても、おいそれとは「非常にあてはまる」を選択することができません。実際私は立ち直りは早い人間ですが、その時の自己の心理は「いい経験をした」というものではなく、「そういうこともある」という諦観に近いものです。そのため、やはり「非常にあてはまる」を選択することはできませんでした。

そのような例は他にもありますが、それらはまだいいです。文言の訂正で十分に修正が可能なものですから。
しかし、私がそれ以上に気になったのは、特に対他者EQに多く見られる質問⇒結果の過程にあると推測される、製作者の意図には浮かばなかったであろう不可視の前提です。

その例として、
( 9 ) 年下の人とも対等に付き合おうとする。
(17) ボランティア活動には,積極的に参加したい。
(20) 多くの人は,私に気楽に心を開いてくれる。
(37) たとえどんな状況でも,相手を傷付けることはしたくない。
(39) みんなのためなら嫌なことでもやる気になれる。
などがあります。
では、これらに見られる不可視の前提とはなにか。
それは、製作者自身のモラル観です。

(17)ではボランティア活動について設問がありますが、おそらくこれは「愛他心」、「社会的デフトネス」に関連すると思われます。この設問に対して肯定的な回答であるほど、「愛他心」、「社会的デフトネス」の数値が上がるのでしょう。確かに一般的な見解では、ボランティア活動に積極的な人であればその二項目について高い数値が出ると考えられます。
ですが、否定的な回答の場合には、本当にその二項目の数値が低くなることと直接リンクするのでしょうか。
また私自身の意見で恐縮ですが、私はこの設問には「全くあてはまらない」と答えました。理由は、ボランティア活動とは全く自発的な活動であり、それは積極性/消極性という対立で語られるものではないと思うからです。ボランティアという行為に善性をみつけることは可能ですが、それは完全に他者からのものであり、自己の内から善性を認めるということは、むしろ偽善であるとさえ思います。それゆえに、いささか逆説的な話になりますが、ボランティアの積極性/消極性ということが、対他者EQという自己認識の一要因になるとは考えません。
つまり、「ボランティアをする人は愛他心がある」という前提があるがゆえに、この設問はこのEQテストの中に挿入されているのです。ボランティアという概念に懐疑的な視線を向けることはせず、通俗的な見解でもってその結果を規定し、そもそもの概念の段階で意見を異にする人に対しても、一括りに一般概念に還元してしまっています。

(9)における「年下との付き合い方」、一般化した言い方をすれば「一般通念において自分より社会的に地位に低い者との接し方」となりますが、これはおそらく「社会的スキル」、「社会的デフトネス」の数値が変動すると思われます。
先のボランティアの場合と違い、この設問においては、肯定的な回答が数値の上昇をもたらすのか下降をもたらすのか、はっきりとしたことが言えません。どちらの可能性も推測できるのです。
上下関係を重んじるという観念が、社会生活を営む上でプラスに働くのかマイナスに働くのか一概には言えませんし、また、二つの項目の相関性も一義的には確定できません。「周囲とうまくやっていく術」などというものは、それこそ自分自身の能力単体で決まるわけではないのです。周囲の人の考え方、行動次第で、自分の「術」がうまくいくことも裏目にいくこともあります。設問を例にとれば、周囲の人が年齢による上下関係を重く見ない若年層であれば、年下とも対等に付き合おうとすることがいい方に出るだろうし、逆に、年齢の上下関係を重視する年配の方であれば、そのような行動は裏目に出るでしょう。
つまり、この設問が数値の上昇をもたらすのか下降をもたらすのかはっきりしたことは言えませんが、どちらにしても、そこには製作者の社会関係に対する予断が多く含まれているのです。

他の項目でも似たようなことはいえますが、冗長になるので例を二つ挙げるにとどめておきます。
もちろん製作者自身が社会集団の一員であり、なんらかの社会通念を身につけることでその社会と折り合いをつけているため、設問、結果への作用を考える際になんらかの「偏見」が入ってしまうことは避けられないでしょう。しかし、そのような「偏見」
があまりにも判りやすく露呈してしまっている今回のような状況は、あまりよろしいものではありません。完全な中立という立場が夢物語だとしても、それに近づく努力を怠らないことが、科学的態度というものです。
そろそろ卒論も手をつけなければいけない頃合いですが、自分自身このことを肝に銘じて卒論製作にあたろうと思います。

あ、別に対他者EQが低かった腹いせにこんなこと書いたわけじゃないっすよ?
[PR]
by yamada-07 | 2005-11-12 01:52 | 雑記