by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

バンド組もうぜ

しばらく里子に出していた私のテナー「歌丸」が、実に一年ぶりに私の手元に帰ってきました。
落語の「薮入り」よろしく、久しく会わないうちに見違えるように音が変わっていていました。さぞかし鼠捕りに精を出していたのでしょうか。

大学の途中から始めたジャズにすっかり魅了されてはや三年。借金を恐れず楽器も買ってしまった。そんな私が(卒論・院試にも関わらず)今思うこと。

そう、それは

「バンドを組みたい」

確かにポップスバンドは最近始めました。もちろんやりたいと思って始めたのだし、非常に楽しいものです。
しかし、今私が言及しているのはそれとはちょいと違うベクトルにあるバンド、すなわちビッグバンドのことなのですよ。

大学時代にやったビッグバンドは、今現在も所属しているサークルの学生ビッグバンドと、去年一時期組んだ企画バンド。
前者は現在ほとんど休部に近く、卒論、院試などを考えるとおそらく在学中に復帰することは難しいでしょう。
後者も、去年立教の学祭で出演して以来、もっぱら開店休業。というよりは閉店店じまいみたいなもんです。復活させたくはあるのですが、諸般の事情によりほぼ不可能かと思われます。

となると残された道はそう多くありません。
一つは、既存の社会人ビッグバンドに参加することです。テナーでもバリでも、ホームページなどでメンバー募集をしているバンドを探して、そこを見学、縁が合えば加入といった形です。

しかし、これには大きな欠点が。
なにより私自身がひどく人見知りなこと。見ず知らずの人が屯しているバンドへ行ったところで、恐縮して縮み上がっている自分の姿が眼に浮かぶようです。
基本的にビビリですからね。あんまそういう状況に自分を追い込みたくはありません。

なもんで、今一番推し進めたい案は、「自分でバンドを立ち上げる」。
実際、去年組んだ企画バンドのバンマス兼コンマスは私こと山田で、バンド名にも恥ずかしながら自分の名前を冠させていただきました。
この案なら、基本的に自分の知り合いを中心にメンバーを組めるし、大体の力量も判ります。スタジオ予約や練習日の設定など、こまごまとした雑務はありますが、それさえクリアすれば長期的に楽しいバンドが組めるのです。
ですが、ここでまた大きな問題が。
それは、私にビッグバンドが組めるだけの友達がいるかどうか、ということです。
先ほども言いましたように、基本的に人見知りの私。複数の大学が集まって飲み会などをやっても、進んで知り合いを増やそうとはまったくしてきませんでした。
人の縁は自分から求めるものではなく、たまたま転がってるものだ、というのを信条にしている私なのですが、こういう事態ではそれが裏目に出てしまいます。

打開策としては、友人の友人、という形でメンバーを増やしていくのが妥当なとこでしょう。
ちょっと前から、友人とビッグバンドをつくろうという話をしているので、なんとかお互いのツテで補い合いつつバンドを結成したいと思います。

ああ餓える。
[PR]
by yamada-07 | 2005-11-26 01:58 | 駄文