by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

本日

北上している桜前線を追っかけて、日帰りで東北は宮城県まで行ってきました。逃避行ではありません。小旅行です。

桜は七分咲きが風情なんていいますが、私は断然満開が好きです。なんていうんですかねー、あの「これ以上花開くことのない臨界点」みたいな雰囲気ですか。一揺れしたら、儚くも散ってしまいそうな感じ。あれが心の琴線に触れるんですよ。
今回行ったのは宮城県の大河原、白石川堤というところなんですが、それがまさにどんぴしゃのタイミング。満開も満開、桜の枝からたわわに花が垂れ下がっていました。
その白石川堤、別名として「一目千本桜」と呼ばれています。由来は、川の土手の両脇にずらーっと並んだ何百本という桜。川沿いにくねりながら植わっているため、文字通り、一目で延々とのびる桜並木を見通すことができるのです。
いいですよー、満開の桜の天蓋の下を、何に気兼ねすることなくてくてく歩くのは。およそ一時間ちょい、5kmくらいでしょうかね、上を見れば桜、下を見れば土筆やオオイヌノフグリ(実に久しぶりに思い出した単語です)。横を見れば川の上を飛ぶ鳥たち。自然の満喫というものです。反対側に車がガーガー通ってさえいなければ。

そこについたのが11時くらいで、12時過ぎまで川沿いを歩いていました。そのくらいで小休止。そこで宮城に来るにあたってぜひやりたいことを実行に移しました。それは……

ドッキリコールfrom宮城

東京で葉桜を見ている友人に、東北にに桜前線を追っかけていったことを当地から突然伝えたい。その欲望は旅行計画当初からありました。なもので、今回ほとんどの友人に漏らすことなく、旅行の計画は進められていたのです。

時間は12時過ぎ。授業があっても今なら昼休み。さあチャンスは今だ!

ピ・ポ・パ。Turururururu……。ガチャ。

「あ、もしもし。今大丈夫?」
「うん、大丈夫だけど」
「今どこにいる?」
「え、家だよ」
「そっかー、近くにいたら一緒にご飯でも食べようと思ったんだけどね」
「そっかー。え、今どこにいるの?」

「うん、宮城」

「は?」

勝った……

この一瞬のために宮城まで来た甲斐があったというものです。やはりドッキリはいいものですね。


しかし、好事魔多しとはよく言ったものです。その直後にあんな悲劇が待っていようとは……。

はい、道に迷いました。

白石川は東北本線と平行して流れていて、私がドッキリコールをしたところからすぐ見えるところに駅もありました。お腹もすいたので、仙台まで出て昼食を食べようと思い駅に向かいかけたのですが、土手から降りるところにこんな看板が。

「⇒ 日本最大のソメイヨシノまで徒歩20分」

どうせあてのない一人旅。昼食が少し遅くなったってかまうことはない。そう思い、再び川沿いを下っていきました。15分ほど歩いたところでありましたよ、その巨木。
大きい。確かに巨きい。枝が端から端までで24m、樹齢は100年以上、「咲き誇る」という表現がこれ以上なくあてはまる立派な樹でした。
これはいいものを見たと満足し、改めて仙台に向かおうと思案。一度来た道を戻るのはなんとなく癪なので、このまま線路沿いに歩き、次の駅で電車に乗ろうとしました。が、それが誤算。田舎の駅間の距離をなめてました。
行けども行けども見えてこない次の駅。人通りも徐々に減ってきて誰かに尋ねることもできず、次第に疲れもたまっていきました。そういえば大河原駅でチラッと見た仙台までの運賃は520円。ちなみに東京~横浜間は450円です。もしいま俺が沿って歩いている線路が別の路線だったら……。あまりにもぞっとする想像が頭をよぎりました。そんな不安に突き動かされ、線路を少し外れ幹線道路へ。ここなら、歩いていればそのうち「仙台 ~km」みたいな青い看板が出てるであろうと思っての行動でした。しかし、田舎の国道に出てしまえば、そこは排ガスと車の嵐。ここが宮城だなんてかけらも思えません。旅行気分は千里の彼方に行ってしまいました。
ともあれ、しばらく歩くとようやく看板が見えてきました。そこにあった文字は

「仙台 26km」

軽く絶望です。一刻も早く最寄り駅に行かなければ。そんな焦燥に襲われた私は国道から外れ、再びさっきまでの線路沿いに戻ろうとしました。幸いにも住宅街に入ったところで、孫を連れた老婆と遭遇。最寄り駅を尋ねました。散歩中に出会った、疲労困憊の態で住宅街で駅の場所を訊く男。不審と言って差し支えないでしょう。お婆様とお孫さん、どうもご迷惑をおかけしました。
そんなこんなで、女神のごとき老婆のおかげでたどり着いた駅。およそ二時間半、途中不安のために早足になったことを考えると、全行程でおよそ15kmは歩いたでしょうか。
俺はわざわざウォーキングをしに宮城まできたわけじゃない。
たぶん1.5kgは痩せたでしょうね。

そこでようやく仙台へ。お寿司と牛タンを食べましたが、同じ値段を払うなら東京でもっと美味しいものが食べられるな~、と思ったのは秘密です。

今回の感想。

1.桜は満開がいい
2.道に迷ったら人に訊こう
3.東京の飯はうまい
4.日帰り旅行は疲れる

です。一日で400kmほど移動したことより、徒歩で十数km移動したことにばてばてな山田でした。
[PR]
by yamada-07 | 2005-04-20 00:41 | 日記