by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

花に囲まれた生活

d0025054_18272653.jpgd0025054_18241432.jpg
















全国的にご存知なイベントであるかはわからないが、群馬では現在「全国都市緑化フェア」
開催中だ。

全国的な集客を見込んでいるとは思わない(思えない)が、県内各地で草花をふんだんに使いまくった会場を設置していて、県民はそれなりに足を運んでいるようだ。

昨日は昼間にふとできた空白の時間で高崎会場の一部を見て廻ったのだが、天気もよく気温も温暖、桜も満開、人ごみもぼちぼちと、非常に快適に散策を楽しめた。

考えてみれば、このようなイベントをなんの気兼ねもなくゆったりと楽しむなどというのはずいぶんと久しぶりである気がする。
春の空に似つかわしく、広々と心の羽を伸ばせた。

市街のくせにビルの背が低い高崎は、自然を活かすイベントをするにはなかなか都合がよいようだ。


ただ、フェア終了とともに駅や会場周辺に設置された花壇などの設備はほとんど取っ払われてしまうという。維持費等がかさむのは確かだろうが、それでは折角の緑化フェアが泣こうというものだ。

「花が溢れる街」という言葉には多分に空想的な響きがあるが、それが実際に存在しているところを見ると、柄にもなくいいものだなと思う。

土いじりが趣味の父に、花の世話が趣味の母を見ていれば、植物の世話はそうそう適当でいいわけではないというのはわかるが、見る者の心を和ませる草花を大事にできる都市というのは、かなり暮らしやすいと思うのだよ。
[PR]
by yamada-07 | 2008-04-06 18:27 | 日記