by yamada-07
カレンダー

2005年 04月 22日 ( 2 )

下に関連して

生物関係の本を紹介します。

1. the FUTURE is WILD ~脅威の進化を遂げた2億年後の生命世界 /著:ドゥーガル・ディクソン、ジョン・アダムス 出版:ダイヤモンド社

この本は、第一線で活躍する科学者たちが仮説に仮説を重ねて、これからの地球の環境の変化、それに伴う進化の一例をシミュレートし、500万年、1億年、2億年の時代ごとに、奇妙奇天烈に進化した生物たちをCGで描いたものです。

まず表紙からしてインパクト大ですよ。魚とも鳥ともつかない巨大でグロテスクな生物が海面から飛び立とうとしている絵ですから。

他にも本の中には、草原に生きる人間によく似た顔を持つサル、水中を泳ぐアザラシ大のウミウシ、地上に進出したタコ、史上最大の陸生動物となったカメ、地球上でもっとも頭のいい生物となったイカなどがいます(もちろん他にも多様な生物が描かれています)。

驚くべきは、これらのへんちくりんな、それこそ夢に出てきそうな、あるいは夢に出てきたら精神病を疑われかねないような生物たちが、一流の科学者たちによる生物進化の仮説から導き出されているということです。つまり、いかに馬鹿らしく思えるような姿かたち、生態などにも、合理的な説明がなされているのです。

無論のこと、これはあくまでシミュレーションの一例。バタフライ効果、カオス理論を挙げるでもなく、進化の方向性なんてなにで決まるかわかったものじゃありません。ある種の知的ゲームに近いものがありますが、生物関係に興味のある方にはとても面白い本だと思います。また、専門的な知識がなくても脚注がふんだんに使われているので、そのつど知識を固めながら読み進めていくことができます。

自分が決して見ることができない未来の世界を擬似的にでも見せてくれるこの本は、想像力ががしがし膨らんでいきますよ。ハードカバーでちょっと値が張りますが(ちなみに2400円)、それだけの価値はあると思います。興味を持って立ち読みしたら、ほしくなること請け合いです。



2. へんないきもの /著:早川いくを 出版:バジリコ

上の本に比べたら、ぐっとくだけた作品です。世界中の実在する珍奇な生物を集め、見開きの左側に生物の説明、右側にイラストといった構成になってます。

さて、どんな珍奇な生物がいるか。

例えば、深海で大口を開けて笑っているがごとくのホヤ。
例えば、動物から血を吸って、風船みたいな姿になるダニ。
例えば、映画「エイリアン」のモデルになっているとしか思えない魚。
例えば、進化論に真っ向から歯向かうかのように、頭からにょっきり無意味なこぶを生やしたセミ。

薬でキメちゃった輩にしか見えることがなさそうなこんな生き物が世の中にはいるらしいです。

もちろんこれは全体のほんの一部。60以上もの珍妙な生物が描写されています。
先に紹介した本の中の生物は、可能性のあるものとは言え、極端な話、想像の産物です。しかし、この本におさめられている生物は、すべて実在するもの。実物をあまり見たくはないやつらが目白押しです。

あと、この本で面白いのは、著者のちょっとブラックな生き物の説明文。紹介されている生き物の中には、プラナリアやラッコなど、私たちがすでに知っている生物もいますが、この著者の筆にかかれば面白ブラックな新たな生物に見えてきます。
学術的な面白さではなく、娯楽的な要素が強いですが、その分上の本よりは万人受けすると思います。



どちらの本も出版されてしばらくたっているのでご存知の方も多いかと思いますが、知らなかった方、あるいは知っててもなんとなく手を出してこなかった方、この機会に手にとってみたらどうでしょうか。

出版社からの回し者ではありません。山田でした。
[PR]
by yamada-07 | 2005-04-22 02:21 | 青春の一ページ

映画

午後に映画を観てきました。ただ、最近の作品ではありません。二年ほど前のもので「DEEP BLUE」という作品です。結構有名な作品かとは思いますが(私は最近友人に薦められるまで、寡聞にしてしりませんでしたけど…)、一応軽く内容紹介。

端的に言えば、海の世界を映したドキュメンタリーです。が、そんな簡単に語るにはあまりにももったいない作品です。20もの撮影チームと、四年半もの歳月。世界各国200ヶ所のロケ地と、何百人もの科学者からの助言。膨大な手間暇をかけた、壮大な海のドラマがこの映画には収められています(以上、パンフよりちょこちょこ手を加えつつ抜粋)。
で、感想なんですけど


大味でした。


いやー、映像はすばらしいんですよ。海と言っても、海岸付近の渚から、波打ち際、陸地近くの近海、海溝と深さのグラデーションあり、赤道付近から極地まで地域のグラデーションあり、実に多彩です。生物も魚類に限らず、クジラ、イルカなどの水棲哺乳類、アホウドリ、ペンギンなどの魚を主食とする鳥類、極地に生息するホッキョクグマやアザラシ、もちろんカニやエビ、クラゲやイソギンチャクなども。海に関係している生き物が勢ぞろいです。

印象深いシーンあります。地球上最大の生物、シロナガスクジラが堂々と遊弋する姿は偉大でした。鳥類であるはずのアホウドリやペンギンが魚を獲るために海中に潜りますが、そのスピードの速いこと。思わず流体力学的な観点にまで考えをはせてしまいました。海中のプレデターことシャチの暴力的な狩猟は圧巻です(尾ひれで跳ね上げられたアザラシが10mぐらいの上空にまで飛んでいきました)。また、深海の生物の姿はまさに異形。進化というブラックボックスは、とても興味深い造型を生み出します。
音楽も、ベルリンフィル交響楽団を使ってて妙に豪華です。

しかし。

それらをふまえた上で再び言わせてもらいます。


大味でした。


ナレーションの説明が中途半端だったり、似たような映像が何度も流れたり、音楽がうるさかったり(それは映画館の問題ですが)。どうにも感動一本やりではいけなかったんですよ。風邪気味だったせいもあるんですが、ちょっと寝ちゃいましたし。
映像的な美しさは一押しですが、内容的にはちょっとだれちゃうかもです。

しかし、それらのちょっとマイナスな感想とは別に、最後に印象に残ったフレーズを。

「人間は宇宙に、何千何万kmと地球から離れた場所に何人も行ったが、10000mの深海に行った人はほとんどいない」

これは考えてみると意外な事実ですよね。無限に広がる大宇宙と同じくらいの不思議が、このちっぽけな惑星の海の中には秘められているんですから。何百光年と離れた他の星にはどんな形をした生き物がいるか、人類には想像することしか(今のところ)できませんが、今の自分から数十km、それこそmで換算できるくらいの距離にいる生物にも、人はその姿かたちに驚かされちゃうんですよ。
うーん、地球はホントに侮れません。

幼少時にこの作品を観ていたら海洋学者を夢見ていたかもしれない山田でした。
[PR]
by yamada-07 | 2005-04-22 01:19 | 日記