by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 07月 31日 ( 1 )

あの鐘を鳴らすのは誰だ

これができていると「女子力」が高いと思うことランキング(gooランキング)

おそらく回答者の母集団が若い女性であろうことから考えるに、非常に興味深い結果だ。

根本的に「女子力ってなんだよ」という問いをすっ飛ばしてなされているアンケートだが、その回答の大半が対他的なものでなく、対自的なものであるというのが、定義のない「女子力」というものを逆説的に定義づけているのかもしれない。

回答を抽象的に考えると、「女子力」とは、能力・技術ではなく、圧倒的に見てくれに対しての気配りであるようだ。早い話が、外面についてのこまごまとした注意点なのだろう。

能力・技術などではなく、見てくれのみに焦点をあてるなど、一昔前ならフェミニズム原理主義者たちが頭から湯気を出して怒りそうなものだが、とんとそういう反応を聞かない。
むしろ、そんなかつてのフェミニズム論者たちが、今現在幸せそうに見えないという事実こそが、このような方向性を加速付けていると思う。
誰の力も借りずに、ただ己の力量のみで世間を渡っていくというのは、よっぽど力のある人間でも大変だろうから、青息吐息の未婚30代、酒井順子言うところの「負け組」を見ている若い子達は、そりゃあ後に続きたいとは思わないだろう。

この結果、というよりは、このような概念の顕在化は、一般的な女子が幸せになるなら、能力・技術よりは見てくれに気を遣ったほうがより合理的である、という思考の帰結なんじゃなかろうか。
そして、それが当の若い女性から出てきているというのは、なによりも興味深いのだ。

なるほど、フェミニズムの弔鐘はもうきこえつつあるのかもしれない。
[PR]
by yamada-07 | 2008-07-31 20:50 | 雑記