by yamada-07
カレンダー

<   2005年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧

落語

昔から本は大好きだった私。小学校の頃から図書室の空気が大好きで、しょちゅうひきこもっていました。

そんな私が小学校時代に愛読していたのは、ルパンシリーズ(3世ではありません、爺様のほうです)と、小学館の「~の不思議」シリーズ。そして落語選。

なぜ、こんなものが小学校の図書室にあるのでしょうか。教師の趣味ですか?司書の趣味ですか?はたまた学校の妖怪の仕業でしょうか。
ともあれ、私はしょっちゅうその落語選を読みふけっていました。そうですね、「寿限無」の名前を全部言え、あまつさえオチを日常生活で使いかねないくらいには。

そのせいかどうか(いや、間違いなくそのせいですけど)、正月番組ではまず新春落語をチェックするような人間に成長しました。

そのせいかどうか、30代に間違えられることもごく稀にあるような人間に成長しました。

生涯一度は寄席に行きたいです。山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓昔の人は頭がよかった



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-22 02:16 | 駄文

けーたい 2

一昨日に書きました携帯話。実は昨日、ひっそりとauを新規購入してきました。
買った機種はこれです。


そう、みんなお馴染みなわりにはもってる人が妙に少ないことでお馴染みの、PEИCK(ビター)です。


別に何でもよかった、というか当初はtalbyがほしかったんですけど、サークルの後輩がすでに持っているという情報を得たので、あえなく断念。先輩としてかぶるわけにはいきません。

で、考えながらビックカメラに行き店頭の展示の前をぶらぶら。すると、ある一点に目が吸い寄せられました。今大流行の表現で言えば、ビビッときたってやつです。

なんすか、この丸っこくて可愛いやつは。

そういえば銀色の卵形のような携帯をよく中吊り広告で見たけど、こんなおいしそうなカラーもあるんじゃないですか。
ストライクゾーンど真ん中ど直球です。クリーンヒットです。走者一掃です。サヨナラです。今夜のヒーローインタビューです。明日の朝刊一面です。このまま優勝一直線です。がんばれ楽天!!

話がそれました。
とにかく、久しぶりに可愛い商品を見つけたんです。
WINの機能をほとんど使うことはないなんて些細なことです。
単価が高いなんて些細なことです。
ボタンを押しづらいなんて些細なことです。


でも

WINだと学ワリが使えないというのはあまり些細なことではありません。

しかし、そこらへんを振り切り晴れて購入。
今日からお前は俺のものだ、PEИCK。可愛がってやるからね。
院にいければ学ワリのために機種変する可能性大ですけど。
山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓ぱっと見、ホントに携帯に見えません



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-20 22:24 | 日記

でも

今日は腹が立ったことことばかりではありません。いいこともありました。

友人が就活で内定をもらったんです。

いや、私的なことで恐縮ですが、非常にうれしかったもので。

メールの量が少なくなって久しい私の携帯から、着信音が鳴りました。
ひびを悪化させぬようそっと携帯を開けると、件の友人からのメール。
中身を見てびっくり。「内定きた」と。

思わず布団から飛び起きました(ごろんと寝そべっていたので)。そして猛烈なスピードで「おめでとう」の返信。

以前先輩から「頑張っていればきっと誰か見てくれているよ」と言われましたが、ああその通りだな、と思います。私自身でも実感することはありましたが、それが友人の身に起こったとなると嬉しい限りです。

いと喜ばしかな。山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓禍福はあざなえる縄の如し



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-20 01:53 | 日記

……(がっくり)

こんな記事がありました。

もうがっくりです。気が重くなりました。

こういう行為をする人たちってのは、きっと普段は、まじめに暮らしている人なんだと思います。けれど、JR西日本(の一職員)の過失による事故、その報告を受けつつもボーリングに興じていた上役たち(だからといって彼らが酷く責められるのもお門違いだとは思いますが)、続々と明かされる業務内での怠慢(事故後に一斉に見直すのもなんですけどね)などなど。
それらの、どうにもよくない記事を目にし続けた「正義」の人々が、ついに「公憤」を後ろ盾に「懲罰」行為をしたわけです。

もう最低。

この「」付の単語の数々。言外の意を存分に汲み取ってほしいです。


ちょっと言葉が乱暴になっても今日は許してください。久しぶりにニュースを読んで腹が立ちましたので。


さあ、断りはいれましたね。
ではいきます。

こいつらぶっとばしていいっすか?

いったいこいつらは何様のつもりでこんな馬鹿げたことをできるんでしょうか。こいつらがこういう行為を課すことを許せるのなら、私もこいつらの同僚、家族、友人に思う存分蹴りをいれ、小突き回してやりたいです。
ていうかこいつらに思う存分蹴りを浴びせかけたいです。

いやーご立腹やわ。山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓馬鹿の見本じゃないっすか?



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-20 01:40 | 日記

ことば

「人間のとっての世界は言葉によって切れ目を入れられている」とは、構造主義の始祖(と言われている人)である言語学者、フェルディナン・ド・ソシュールの知見ですが、私はこれに賛成します。
有名な例を挙げれば雪です。
日本では雪を表現する言葉に、粉雪、ぼたん雪、たま雪、べた雪など色々とありますが、欧米では広く「snow」の一単語でくくられます。また、それとは逆に、エスキモーの部族の中では雪を表現する言葉が13種もあるそうです。
これは、欧米では雪が一種類しか降らなかったり、アラスカでは13種もの雪が降る、というわけではありません。降っているものはどこでも同じ「雪」ですが、その社会の言語に応じて、「雪」という自然現象に分節が入れられている、ということです。だから、英語によくなじんだ人がアラスカに行って雪を見ても、その人の目に映るのはただの「snow」でしかありません。

ちなみに、これはその社会における対象への興味の度合いの差でしかないので、そこに優劣はありません。あくまで、差異にすぎないのです。


前置きが長くなりましたが、本題です。
↑で述べたように、人が世界を見るときには、その使用言語によって見え方が変わってきます。
しかし、言語の種類だけでなく、同じ言語を使用しても、その使用語彙の多寡でも世界の見え方は変わってきてしまうのではないでしょうか。

子猫を見て「カワイ~」。
アキバ系を見て「キモ~い」。
宿題の山を前にして「ウザ~い」。
買ったパンが美味しくなかったら「アリエナ~イ」。

以上の四単語は、30代くらいまでの人なら、一日一回は使っているでしょう。もちろん私も日常ボキャブラリーの中にストックしてあります。

これらに代表されるような、自分の感情を手軽にたくせる言葉があります。日常生活を営んでいいる分には、これらの言葉で大過なく過ごせることでしょう。

しかし、お手軽にそれらの言葉で自分の心的状況を表現するということは、裏を返せば、自分の感情の機微が全てそれらの言葉に収納されてしまうということです。極端なことを言ってしまえば、自分の感情が「カワイー」、「キモい」、「ウザい」、「アリエナイ」で全て表現できてしまうってことです。

便利な話なのかもしれませんが、それはむしろ怖い話。たった四種類程度の単語で自分の感情が表現できるなら、そんなことは数年後の人工知能にはできそうなものです。
感情という、人間とロボットを分ける上で相当なウエイトを占めていそうなものが簡単に追いつかれてしまうなんて、そら恐ろしい話じゃありません?


自分の心的推移をなるべく細かなところまで描写しうる言葉(語彙)を習得することてのは、それなりに有効なことだと思います。コミュニケーションの1スキルでもあるでしょう。だって、自分の心の機微を理表現できない人間が他人の心の機微を察しようだなんて、それはちょっとおこがましい気がします。自分の考えてる気持ちを、勝手に「ウザい」だの「キモい」だのでまとめられたらいい気持ちはしないでしょう。少なくとも私は真っ平ごめんです。


なもんで、最近はなるべく使用語彙を単調にしないように気をつけてます。普段の会話の中でこねくりまわしたような言葉を使うのははばかられますから、主に一人で考えごとをしてるときですけどね。ま、一人でぶつぶつ小難しい単語を使うやつも怖いものがありますけど。
山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓そのためには本を読もう



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-19 12:51 | 雑記

けーたい

何度も携帯を落っことしていたら、折りたたみの蝶番の付近にひびがはいってきました。どのくらいかと言えば、本体の半分くらいです。中の基盤が見えるくらいです。一ヶ月以内に文字化けしだすくらいです。

今使っているのはDoCoMoのP504iSで、その薄さにほれ込んで二年ほど使っています。しかし、この携帯、丸二年近く使っているとはいえ実は二代目。初代はまったく同じところにひびが入り文字化けしだしたので、一年前に交換しました。

文字化けする前に携帯を換えよう、名義も自分名義にしよう、ついでに会社も変えてしまおう。院試に受かればもう二年は学生でいられる。ならばauにするのがいいんじゃなかろか。

てことで、auに変えようと思いました。

で、今日のお昼前にauショップにいったんですが、思い知らされましたよ、自分の無力さを。

ええ、身分証明書類が足りなかったので、ほとんど門前払いでした。

免許をもっていない自分を心底悔やみました。なぜに携帯の契約で保険証と公共料金の支払書をもっていかなければいけないのやら。

気分が萎えたので、すごすご家に帰ってからはラーメン食って学校行きました。なもんで明日改めて契約しに行きたいと思います。保険証と電気料金の支払書もって。

サークルの数少ないDoCoMoユーザーの皆さんすいません、山田は裏切ります。
**********************************************************************************************************************
↓せめて原付免許を持っていれば……



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-19 00:41 | 日記

どうやらどこの家の母親も、子供を思うとずいぶんとあさってな方向に考えが飛んでしまうようです。

去年の三月にあったサークルのリサイタルに両親が来てくれたときにも、うちの母はなかなか素敵な差し入れをもってきてくれました。

いやービックリしましたよ、包みの中からTシャツがでてきたときは。

え、なんですか?母さん、私の普段の格好はそんなにまずいものですか?思わず母センスで服を買ってあげたくなっちゃうほどですか?実家にいるときの私、いけてませんか?

思わず考え込んでしまった母の愛でした。

しかし、それでも「ありがとう」と言いたい母の愛ですね。無理矢理締めてみます。山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓親思う 心に勝る 親心



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-18 00:29 | 駄文

前略母上

いつもお米がなくなるたびに実家から送っていただきありがとうございます。私のエンゲル係数が低くてすむのは、この実家からの救援物資に拠るところが大きいのです。

けれど、感謝とは別に、多少思うところもあります。

お米と一緒に送ってくれた荷物の中にキシリトールガムが五個も入っているのにはなにか意図があってのことなのでしょうか?

シーチキンの缶詰は明らかに三個で1パックなのに、ちぎれた包装ラップがついたまま二個だけ入れて送るのはあんまりじゃないですか?


いえ、母の愛を疑うようなことを言って申しわけありません。

しかし、これだけは言っておいたほうがいいかもしれませんので、不敬を承知で言わせていただきます。

毎回同梱してくれているCO○P(いまいち伏字になっていない)のうどんですが、粉末のつゆのもとが美味しくないので、近頃全然食べていないんです。
なので、次回からは別のものを入れてくださるとうれしいです。

なにはともあれ、私の心は感謝の念でいっぱいです。これからもどうぞよろしくお願いします。

草々

山田
**********************************************************************************************************************
↓日本一しょうもない母への手紙



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-17 11:57 | 日記

吹奏楽

すでにラックの容量をパンクしてしまっている私のCD。ラックの隣で山積みです。むしろ山積みにされているもの方が数が多いです。
そもそも最初に買ったラックのサイズが小さかったのでしょう。一人暮らしを始めた三ヵ月後にはもうCDがあふれ出してましたから。
ちなみにラックに収納されているのは私のヘビーローテーションCDたち。ま、山積みCDは聴かないがゆえに山積みってことです。

それでもそんなかわいそうなCDたちに光を当ててあげようと、最近は埃をかぶったやつらを引っ張り出して聴いています。
すると、あるわあるわ、私の青春のCDたち。
初期のビートルズやMr.Big、日本のインディーズバンド、佐野元春、ベンチャーズ、センチメンタル・バス、エルビス=プレスリー……。
あ、途中に混じる大学生らしからぬアーティストはスルーでお願いします。

で、その中に混じっていた、高校時代の吹奏楽部の定期演奏会用のデモCD。
大学に入ってからはジャズに足を突っ込んでいたので、吹奏楽は全然聴いていませんでしたし、大学の吹奏楽部連中の練習場所でのマナー(と吹き方)が(カッコ)悪いので、もはや吹奏楽に対しては嫌悪感すら覚えていました。
それでも自分の高校時代の部活は大好きだったので、懐かしさも手伝い、CDをコンポの中に。

……

あれ、吹奏楽ってこんなカッコよかったっけ?

カッコよかったんですよ、これが。

私の記憶の中の吹奏楽は、もっと野暮ったくて、もっさりしてて、変にカッコつけのくせにカッコ悪くて……

あ、それは大学の吹奏楽部のイメージでした。

まあ正味な話、吹奏楽もクラシックに負けず劣らずエレガントです。弦楽器の多いクラシックよりも、倍音成分が少ない分だけ音に透明感があります。うーん、これは悪くない。

が、しかし。

吹奏楽で好んで演奏されるニュー・サウンズ・イン・ブラス。あれを認める気には死んでもなりません。
特に多くのアレンジを手がけている岩井直溥。あの男の罪はでかい。
彼のせいで吹奏楽のポップスを好きになれなかった人は多いと思います。そして、ジャズやフュージョンなどの方面から吹奏楽が馬鹿にされるのも、彼のアレンジによるところが大きいと私は考えています。コノウラミハラサデオクベキカ。

それはともかく。
いまさら吹奏楽を吹こうとは思いませんけど、聞く分にはいいかなぁと思いましたね。今はすっかり足を洗った山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓音楽の輪



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-17 11:33 | 日記

病気

大変です、私の持病が発症しました。

そう、月に一度ぐらいの頻度でたびたび私を悩ます病気、それは

カレー作りたい病


……


……

え、なにか疑問でも?


いやいや、これもなかなか辛いんですって。
症状は読んで字の如し、突発的にカレーを作って食べたくなってしまうのです。
レトルトのカレーでは満足できない。ちゃんと自分で野菜や肉を炒めて、いったん水煮して、カレールーをいれて(ここらへんちょっと妥協)、ことこと煮て……

ほら、食べてくなってきたでしょう?

ちなみに私のカレーは、ジャガイモをいれず、代わりというかなんと言うかで、各種きのこ(気分によって変わる)が入ります。ちなみに今日はエリンギ。

今も台所では、ことことと鍋が微笑んでいます。換気扇を通じて、屋外には刺激的な香りが漂っていることでしょう。夕御飯をきちんと食べたというのに、私の台所は臨戦態勢です。

さあ、今日の夜はまだまだ長いかと思われます。ダイエットとの過酷な戦いはいつになく激しそうな予感です。山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓カレーライスは立派な日本食です



[PR]
by yamada-07 | 2005-05-16 22:21 | 日記