by yamada-07
カレンダー

<   2005年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧

キャラ

「キャラ」というものをとかく言い立てる人が、あまり好きではありません。
「あの人はそういうキャラなんだ」とか「そろそろキャラだしてこうかな」みたいなことをやたらに言う人が時たまいますが、なぜでしょう、不思議に拒否感を覚えてしまいます。

なんでかなー、ということをぼんやり考えていたですが、最近なんとなくピンときたことがあります。


なにがイヤかって、「キャラ」という言葉に限らないんですけど、ある人格を限定的、断定的に表現することに拒否感を覚えてしまうようです。

人の性質は場所、周囲の人間(関係)によって変わるし、逆に、同じ人に対する印象もその場に居合わせた人によっても差があります。同年代の友人が集まるサークルと、歳も出身も学校もばらばらなバイトと、教授に連れられていった学会とでまったく同じ振る舞いしかできない人は、むしろ社会不適合の烙印を押されかねません。当然その振る舞いの作法を(ある程度は)自覚的にコントロールする必要があります。

しかし、「キャラ」という言葉である誰かを表現することは、その人のある固有の状況における性質だけを切り取って、その人の全人格を規定してしまっているような感覚を受けるのです。

例えば「お調子者」という「キャラ」をつけられたある人が、何かに悩んで暗い顔をしています。そこへ「キャラ」をつけた人が言うことには、「キャラが違うね」、と。
キャラが違うんじゃありません、状況が違うんです。

個人の性質の発露が状況によって異なり、その印象も受け取り手によって異なる以上、その解釈の仕方は無限に存在し、かつ常に流動的、不確定的です。その場その場に応じて、その人への認識は微妙に修正されなければなりません。
そんな曖昧模糊としたものを「キャラ」という言葉で一義的に決めたくないし、決められたくありません。

確かに「キャラ」を定めてしまえば、知的負荷はずいぶんと軽くなります。誰かの認識を「キャラにあってるか、あってないか」の二択ですむのです。原理上、無限に切り口が変化しうる↑の認識方法とはえらい違いです。
でも、きめ細かいコミュニケーションを望むなら、その負担を減らそうと思っちゃいけないんじゃないかなー、と思います。


おそらく「キャラ」を使っている人に、負荷軽減だーなんだーといった自覚はないでしょう。もしかしたら私の解釈のド勘違いかもしれませんし。
それでも、私が「キャラ」という言葉をやたらと口にする人に対する淡い嫌悪感は現に存在しますし、そこに私なりに納得できる理屈をくっつけようと思ったら、この理屈が一番しっくりくるような気がします。

断定できないものを断定するってことが嫌いなんでしょうね。さもなきゃ他人の意見を押し付けられるのが嫌いかどっちかです。たぶん両方です。

山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓あいまいなのが好きって訳ではないと思います



[PR]
by yamada-07 | 2005-06-11 13:03 | 雑記

元家政婦は見た

こんな記事が載ってます。
二子山親方死去の後の、一連の騒動の一つです。


なんなんでしょうか、この家政婦。
また安直なネーミングもどうしょもないですけど。


いいんですかね、自分が働いてた家庭の深刻な事情をこういう形で暴露して。
倫理云々はもとより、刑法に抵触しないんでしょうか。
むしろしていてほしいです。

いったいなんのためにわざわざこんなことを言い立てるのかがさっぱり理解できません。は~さっぱりさっぱり。

テレビ局側からオファーを出したのか、家政婦のほうから売り込んだのかはわかりませんが、公共の電波にこんなどろどろした家庭事情をのせるような局からは、放送免許を剥奪してしまっていいのではないかと思います。


ここはひとつ、兄のタックルと弟の張り手で件の家政婦を病院送り、これをきっかけに仲直り、くらいのハッピーエンドが用意されていてほしいものです。
[PR]
by yamada-07 | 2005-06-10 23:13 | 日記

あっちむいてほい

に自信があります。



誰?必要ない技能だなんて言ったのは!



実生活で必要になることは万に一つもないだろうし、必要とする機会も思いつきませんけど、あっちむいてほいの勝率はやたらとハイアベレージです。

以前所属していたサークルの飲み会で、あっちむいてほいで負けた方が酒を飲む、といういかにもなゲームをしましたが、ほとんど自分のグラスを空けることなく、杏露酒を一瓶空にしました。10人弱と勝負として、勝率は90%を割らずにいたと思います。
最終的には、調子にのって、ハンデとして自分は焼酎ストレートで勝負を続けたところ、酷い目にあいました。どのくらい酷かったかはあまり言いたくありません。


最近はやる機会もなく腕をもてあましています。挑戦者求む。
**********************************************************************************************************************
↓秘訣はリズム



[PR]
by yamada-07 | 2005-06-10 21:58 | 駄文

alternative

この世の中に存在するもの全ては、それ自身に固有の空間座標軸があり、固有の時間軸が存在しています。平たく言えば、全てのものはオリジナルであり、代わりとなるものは何一つない、ということです。

ロマンチックな物言いですよね。家族、恋人、友人、愛用してきた楽器、履きなれた靴、手になじんだペン、それらはそれ自体かけがえのないものです。何物にも代え難い大事なものです。

でも、それは自分の大事なものに限りません。
日常に転がっているありふれたものたちも、それらが世界に固有のポジションを持っている以上、自分の意識には上らないだけで、「代え難い」ものなのです。

つまり。

世界に存在するものが全て等しく代え難いものならば、逆に言えば、全てのものがあらゆるものに対して代替品になりうるのではないかと思います。

全てのものが世界に、そして自分にとって固有の専一なポジションを有しているのなら、他のいかなるものであれ、そのポジションにとって代わることはできないのです。

例えばAという親友が亡くなったとします。すると今までそのAが占めていたポジションは永久欠番(巨人の背番号3みたいなもんです)となるか、「A]から「亡くなったA」というポジションにシフトチェンジするのみです。
そうなると、今後一切「A」のポジションには誰一人存在することはできません。一人少なくなった親友が後の人生に再び増えることがあっても、それは決して「A]の代わりではありません。その新たな親友の固有なポジションなのです。

愛する妻を亡くした夫の再婚も、それは前妻の代替ではありません。後妻の人のポジションに「妻」という肩書きが増えただけです。


喪失は、あらゆる意味で補填されることはありません。永久の不在です。

生きていく上で、出会いと別れは不可避です。
が、出会いとともにポジションは増えても、別れとともにポジションが減ることはありません。ポジションは増え続けます。


世界のあらゆる存在は代替不可能です。
しかし、その意味で全ての存在は等価であり、ならばこそ、あらゆる存在は代替可能です。
同時に、全てのものの価値は異なるがゆえに等価なのだから、代替可能なゆえに代替不可能となります。

パラドックスというかウロボロスの蛇というか二律背反というか。終りのない循環です。


とりあえずこれにて終りです。抽象的に過ぎる文ですが、ここまで付き合っていただいた方。ありがとうございました。
何が言いたいかは私にもよくわかりません。

代替不可能ゆえに代替可能で、代替可能ゆえに代替不可能で。

これは前々から考えていたんですが、初めて言葉にしてみました。
失敗でした。
失敗記念に遺しときます。

山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓頭がぐわんぐわんです



[PR]
by yamada-07 | 2005-06-10 03:11 | 雑記

練習

サークルの後輩の練習をみました。
自分、人に教えることがけっこう好きみたいです。
狭い練習ブースの中で場所塞ぎにならなかったかちょっと心配ですが。

わざわざ他大までセク練をしにきた後輩たちに幸あれ。
[PR]
by yamada-07 | 2005-06-09 23:28 | 日記

今日が

サッカー北朝鮮戦だということを、ついぞ四時間前に知りました。
[PR]
by yamada-07 | 2005-06-09 00:27 | 日記

ad-lib

ジャズのアドリブと文章を書くことは似ていると思います。

テーマ(主題、文字通りテーマ)があり、コード進行(話の流れ、ストーリー、あらすじ)があり、アドリブ部(実際に言葉となって表現されるもの)がある。

同じテーマ、同じコード進行の曲でも、演奏者が違えば、まるで異なるアドリブがつむぎだされます。
文章でも同様に、同じテーマ、同じ話を別の人間に書いてもらえば、趣がずいぶんと違った二つの作品が出来上がることでしょう。

それは人が変わる場合だけでの話ではありません。
同じ人が同じ曲を演奏しても、まったく同じアドリブが演奏されることはないのです。
そのときの気分、調子、共演者との呼吸、色々な要素が絡み合い、世の中に同じものが二つとない演奏が生み出されるのです。

文章でももちろん同じ。
以前書いたものと同じことについて書こうと思っても、文章の端々は変化し、最終的に完成する文章は、かつてのものとはまた違った作品に仕上がります。

音楽も作文も、だからこそ価値があるのではないでしょうか。


結局なにが言いたいかといえば、一時間以上かけて書いた文章をワンクリックで台無しにしてしまいがっくりきているということです。
また明日同じことについて書くつもりですが、また違った文章になるんだろーな、と。

山田でした。
**********************************************************************************************************************
↓そのがっくり感で眠れないのかもしれません



[PR]
by yamada-07 | 2005-06-08 04:08 | 雑記

さすがに

三日続けて10時間以上働いていると、自分が学生であることを忘れてしまいそうです。
[PR]
by yamada-07 | 2005-06-08 00:20 | 日記

第三回

今回はちょっとまじめに。

空が破けたような大雨

という表現が大好きです。
イメージとしては、マサニ雨降ラントス、というような重く垂れ下がった雲から実際に降ってくる、バケツをひっくり返したような大雨です。

もちろん傘もなく降られた日には、そんな悠長なことは言ってられませんが、ある程度心積もりができているときなら、そんな文学的表現で自分をごまかすことはできます。

ピーカンの快晴は大好きですが、これからの季節はなかなか望むこともできないので、そんな詐術で梅雨を乗り切りたいです。
[PR]
by yamada-07 | 2005-06-07 01:04 | 駄文

いといぎたなし

朝寝朝酒朝湯が大好きで、それで身上潰したのは小原庄助さんですが、私の場合、朝寝二度寝三度寝で身上潰してしまいそうです。

なんでここまで起きられないのか。前日の就寝時間とか睡眠時間とかは関係ないようです。
とにかく寝てる状況が大好きで、気が済むまで布団の中でごろごろしていたい。そんな誘惑が起きたての私に始終ついてまわります。
九時過ぎにオーディオの目覚ましをセットすれば、電源が入った瞬間に目が覚め、CDが鳴り出す前には電源を落とし、再びまどろみの中に落ちていきます。
なにも寝起きにそんなに俊敏にならなくても。

結局活動しだすのはたいてい12時前。これはいけない。そろそろ「第三次早起きキャンペーン」を展開し、人並みの生活リズムを手に入れなければ。

というわけでそろそろ寝ます。がんばれ俺。
**********************************************************************************************************************
↓第一次、二次はすでに挫折済みです



[PR]
by yamada-07 | 2005-06-06 01:01 | 日記