by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

国民的なんだろ?

これって自薦他薦問わないのだろうか。

できれば問わないで欲しいな。

じゃなきゃ、ねぇ、ちょっと、さぁ。


全日本国民的美少女コンテスト


サムネイルだと誤魔化せるところも無きにしも非ずだけど、アップで見るとわりと(以下略)。


過去の受賞者を見ることもできるけど、知らない名前が結構いるのは私がテレビをみないせい?



ちなみに私は16番に投票しました。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-25 21:54 | 駄文

もはや神秘

密林の奥地の呪術的儀式を想起させる禍々しい化粧。

サバトに赴かんとする魔女のごときけばけばしい服装。

邪教の巫女さえ付けなそうな装飾品の数々。



そんなヤマンバギャルたちが最寄り駅にいた。



魔都東京。

近日中に大災害が起こったら、あいつらのせいだと信じて疑わない。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-25 21:42 | 日記

お気に入り

頭と道具は使うためにあるんだぜ。


最近好きな言葉by俺。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-23 01:09 | 駄文

新たな生活習慣病

私的に、非常に今更感の漂うニュースです。

突然辞める「mixi疲れ」とは

疑問に思うんですけど、マイミク(SNS上で登録してある友人の数。実際に面識があるかどうかは問わず、双方の承認があれば登録可能)が100人越えの人たちって、mixiにログインしたときにどういう行動を取っているんでしょうか。マイミクが30人にも満たない私だって、一度ログインすれば新着の日記(マイミクに登録してある人がmixi上で日記を書くと、それがマイミクには通知される。なお。この通知を拒否することも可能)が数件あります。単純計算でその三倍以上です。10件以上の他人の日記(そのほとんどは愚にもつかない文章。あ、私見ですよ)を読み、それにコメントをつけ、自分で日記を書けば何件もコメントがつきそれにいちいちコメントを返して……。労苦といわずして何といいましょう。想像するだけで疲れてきますよ。
自分の日記にコメントしてもらったからお返しにコメントし返すという「好意の返報性」もわからなくはないですが、それに強く縛られるあたり、普段の日常的な人間関係にそれが著しく欠けているんじゃないかと邪推してしまいます。自分と関係ない日常の行動を記した日記にコメントのしようもない気がするのは私が淡白な人間だからでしょうか。

マイミクを気軽に増やせる人と携帯の番号を気軽に交換できる人は重複していると思います。私としては、その両方の行為は仲良くなった証的なところがあるのですが、前述の人たちにとっては仲良くなるきっかけなのでしょう。電話番号やメルアドがわかれば気軽に連絡が取れるし、マイミクに登録してあれば日記や登録してあるコミュニティ一覧で人となりの想像がつく。そこからお互いの距離を一歩ずつ詰めていくことができます。でも私は古い人間なのか、そのような手順は順逆が転倒しているように思えるんです。何かの拍子にたまたま会って、そのときにその人の人となりが少しでもわかるような言葉や行動、考え方に触れられることで、「あ、この人ともっと仲良くなってみたいな」と思うのが、私には自然だと感じられます。まだ自我形成が未熟な小学生じゃあるまいし、そんな誰とでも仲良くしようとしなくてもいいじゃん、て。いい大人なんだから、そんなに関係にがっつかなくてもねぇ、って。

無論のことどっちが正しいなんてもんじゃなし単なる私の志向ですけども、私がこう思えるのは、私が友人に恵まれているからなんでしょうかね。今の関係に満足を覚えているからこそ、無闇に関係を増やそうなんて思わないとか。実際頗る問題のない人間関係なんでいいんですけどね。

彼女がいないこと以外は。


ま、そんな心の叫びはともかく、記事の最後に書いてある「●『mixi疲れ』から抜け出すには」には笑わせてもらいましたけどね。こんなことを書かなければいけないほど、現代人はコミュニケーションに自我がおっついてないんでしょうか。中毒的にしているコミュニケーションなんて、つまるところ惰性ですよ。惰性でしているコミュニケーションから面白味を見つけるなんて、名探偵並みの観察眼がなければできないことです。あいにくと迷探偵なわたしにはそこから愉悦を引き出すことなんてできず、コミュニケーションが惰性にならないように注意を払っている毎日です。感性が豊かに迸るほどに溢れきっている人々が羨ましい限りですよ。嘘。

道具を使わずに道具に使われる。はは。
アディクティドたちに幸あれ。嘘。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-21 23:19 | 雑記

ばーかばーか

ああ、やっぱり人間の脳みそはバカなことをするためにできたものなんだなぁ、と思う。

いや、これを見ればそう思うって。バカなんだって。

これ

アップのインベーダーで全員がぴこぴこ手を動かしているのがたまらない。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-20 02:22 | 駄文

草食動物

普段から温厚――とは言わないまでも、気分がダウナーな方に行くことは少ない私。何かが腹に据えかねることはめったにありません。

が、空腹に耐えかねることはわりとしばしば。
それも今日みたいに夕食に炭水化物を摂っていないときは特に。

そもそも夕食らしきものを食べてすらいない。
あると思ったパスタがなく、仕方がないので味噌汁と大根のサラダと飴玉で空腹をごまかし、深夜の今、再びもそもそとウサギのように大根サラダで糊口をしのいでいる。

アンパンマンは顔が濡れると力が出ないけど、私はお腹がすくと力が出ない。

あ、みんなそうか。

どうやらお腹がすくと頭も回らない。

あ、みんなそうか。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-19 01:38 | 日記

リバイバル

リバイバルブームとは誰にでもあるものだと思いますが、今私にリバイバルしかかっているのがテレビゲーム。秋から桃鉄99年やり通したり、卒論提出前にサルのようにFFⅦをやってナイツ・オブ・ラウンドのマテリア増やしてラスボス1ターン半で瞬殺したり、春先のDQ5でヘルバトラーを仲間にしたりで、舌の根の乾かぬうちになにがリバイバルかと思う皆さんもいるかと思いますが、まあまあお待ちなさい。今リバイバりそうなのは、アクションゲームと格闘ゲーム。往年の名作ロックマンシリーズや、ストⅡの後継作(両方ともカプコンですね)など、いい年こいた今更になってふつふつとやりたくなっています。

となるとその前にすべきはなにか。
そう、テレビの買い替えです。
今の14インチのポンコツテレビデオでは、楽しめるものも楽しめません。軽くぶっ壊れてるんだか仕様なんだか、ステレオの片方のサウンドしかでませんし。
20インチの平面型だったら文句は言いません。薄型とかプラズマとか5.1サラウンドとか、そこまでわがままは言いませんから。
でも、20インチの平面型が数万円で買える世の中になったんだから、隔世の感もあるものです。一昔前だったら、完全に高級家電のイメージなんですけどね。あるいは変わったのは私の経済観念でしょうか。フリーターと学生の二足のわらじでバイトをしてれば、そうもなるかもしれませんが。

そういえばまだ私の片足には学生のわらじがついてるんでしたっけ。
ブームは院試が終わるまではお預けか。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-18 02:46 | 駄文

そういえば

ここ数年海に行っていない。

それどころかプールにも行っていない。

あまつさえ水着にも着替えていない。

いわんやカキ氷も食べていない。



俺夏満喫してないなぁ。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-15 23:28 | 駄文

娯楽あれこれ

カラオケとかボーリングとか無駄に飲んだりとか、いわゆる学生っぽい遊びとはわりと縁遠く生きてきた私。しないわけじゃないけど、するためには前々から計画してひとつのイベント扱いでやってます。バイト先の友人を見ると、気楽に飲みに行ったりカラオケに行ったり。
どうやら娯楽の少ない人間じゃないか、俺。という疑念が心にあったのですが、ふと気づきましたね。私は一人で楽器を吹いてればそれがもう娯楽なんだって。

今日も今日とて学館にこもり、二時間半も独りで楽器を吹き続ける。そんなことを週三回も四回もやるからには、もうそのことそのものが楽しいんです。楽器を吹くということそのものが。
基礎能力向上のためにああすりゃいいんじゃないかこうすりゃいんじゃないかと基礎練して、バンドの曲をああでもないこうでもないと試行錯誤しながら詰めていって、合間合間に指を自由に動かして憂さを晴らしてでも自由には動かなくてまた悩んで。

それがもう娯楽であり趣味でありストレス解消なんでしょう。他のみんなが遊んでる最中に独り黙々と楽器を吹く。客観的にどっちが楽しそうかなんて知ったこっちゃないですが、主観的には私の娯楽はこれでいいようです。友人と遊ぶのも好きですけど、四六時中そうしたいわけではないんですね。

ま、あとは私の貧乏性のせいですか。気楽にカラオケ一時間なんつっても「ドリンクとルーム代で500円か。うーむ」などと考え「それで文庫本が一冊買えるのか。うーむ」などと悩むのは貧乏性と呼ばずしてなんと呼びましょう。小金を惜しむけち臭い男。イッツ・ミー。
楽器を吹くのに、維持費や諸経費こそかかるものの、吹くことそのものにはお金はかからない。だから気楽に吹きにいける。うわ、本当に小金惜しみな発言。

楽器と本があれば、ひとまずは暇が潰せる。そんな安上がりな私です。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-15 23:26 | 雑記

続報

以前の記事で触れた「red Card」ですが、続報です。

どうやらイルカやSWATは、まだ最終段階ではなかったようです。まだ、このゲームには隠された敵たちがいた……。

真相はこちらから。

もうなんでもあり。
[PR]
by yamada-07 | 2006-07-10 01:21 | 駄文