by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

美人局

美人局アナって、ぱっと見どうしても、「美人」「局アナ」じゃなくて「美人局」「アナ」に見えるよね。

なんていうか、不祥事満載ちっく。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-29 03:08 | 日記

juvenile talk

社交能力は低い私ですけど、集団に属することにはそれほど苦手を感じない私。

微妙に矛盾するようで、微妙に問題もなさそうな話ですけど。

ふと思ったのは、自分がある集団に属する時は、その集団の構成員ではなく、集団の環境(状況?)に馴染んでいるのではないのかなぁ、と。

結果としてその集団に馴染めば、当然構成員にも馴染んではいるのでしょうけど、それはたぶん結果論。

集団の環境になれるってのもちょっとよくわからない話ですけど、それはきっと「自分のあるべきポジション」というもの。ツッコミ役とか、いじられ役とか、簡単に言えばそういう類のもの。

それを見つけてするりと収まっていく。あるいは、周りの人に自然そうなるように扱われていく。

多かれ少なかれ誰にも彼にもそういうところはあるでしょうけど、たぶん自分はそれが顕著。ホントか?

反対の例を考えると、その集団の構成員と仲良くなり、その結果として、集団に馴染む。

そういう風に改めて自分の場合(だから、ホントか?)を表現してみると、その集団の環境の一部となり、その結果として、集団に馴染む。

わかるような、わからないような。

「人生は舞台だ」というシェイクスピアを引用して考えてみると、少しわかりやすくなるかもしれません。

私は舞台の中の配役として納まり、反対の例として、あるひとは舞台の中の役者として納まる。
演じられる存在か、演じる存在か。

うーん。わかるような、わからないような。表現的はカッコがついた気はしますが、それだけの気も、少し。

集団の中で(それなりに)うまくやるという私の能力は、社交性というよりは、きっと如才なさというもの。
明るく働きかけるでなく、受身でうまく立ち回る。
ポジティブの成果ではなく、ネガティブの結果。
能動の輪ではなく、受動の和。
人間の紐帯ではなく、人間の仲介。
自の存在ではなく、地の存在。

ま、ここらへんはちょいとした戯言、言葉遊びに近いものはありますけど。
それなりに上手くできた気はするので、自画自賛の手前味噌。


自己言及の言葉が正鵠を得ていることなんてそうそうありませんので、もしかしたら見当はずれの見込み違い、傍から見れば憤懣やるかたない噴飯ものなのかもしれませんけど。

それでもなんとなくそう思った23の秋でしたとさ。どっとわらい
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-29 01:49 | 雑記

卒業不可

3年生が卒業できない恐れ-世界史授業せず、高岡南高


ですって。

そんな高校一年から受験に集中してどうするんざんしょか。

要望を受け入れる学校も学校だけど。

そもそも、学校側がこのような要望を受け入れたということは、学校側自身が高校教育を大学受験までのワンステップにすぎないと認めたってことですよね。教養的な知識を幅広く生徒に身につけさせるよりも、大学受験に特化した知識を詰め込ませるほうがいい、って。

以下は学校教育法第42条よりの抜粋。高等学校教育の目標についてです(ちなみに高等教育と高等学校教育は別物です)。

1.中学校における教育の成果をさらに発展拡充させて、国家及び社会の有為な形成者として必要な資質を養うこと。
2.社会において果さなければならない使命の自覚に基き、個性に応じて将来の進路を決定させ、一般的な教養を高め、専門的な技能に習熟させること。
3.社会について、広く深い理解と健全な批判力を養い、個性の確立に努めること。

受験に特化することが、国家及び社会の有為な形成者として必要な資質を養うことになったり、一般的な教養を高めたり、健全な批判力の養成や個性の確立の寄与するとは思いませんがね。
将来の進路(大学受験)は決定されるかもしれませんし、専門的な技能(受験知識)に習熟はするかもしれませんが。

調べてみたらこの高岡南高校、偏差値63(「ももたろう」のHPより)の、進学校と呼んで差し支えない学校です。この一例だけを取り出して論じるのも乱暴な話かもしれませんが、全国の進学校ってのは程度の差はあれどこもこんなものなんでしょうか。肩を竦めるしかありませんね。

教師陣たちはなぜこのような履修要綱を進めたのでしょうか?現行の教育法を知らなかったのでしょうか?どうとでもごまかせると思ったのでしょうか?ならばなぜこの事態が発覚したのでしょうか?教育委員会に提出していた書類上では、ちゃんと二科目の申請をしていたというのに。

果たして生徒たちはどういう反応をしているんでしょうか。受験勉強追い込みの冬休みに、受験では間違いなく使わない科目を勉強しなければならないというのは、自業自得が少しはあるとはいえ、かわいそうな話です。その正否はどうあれ、昨今の社会状況では、高校の初期段階から受験勉強に絞っていきたいというのはわからない話ではありません。私は真っ平ゴメンですけど、そう考える貧困な想像力の存在を許さないほど狭量ではありません。
しかし、そんな生徒の考えがあっても、「それをやっちゃうとそもそも卒業ができないよ」と、至極当然の理路を説いてあげるのが教師の役割のはずです。「受験勉強に集中したいのはわかるけど、やるべきことはやってからにしてね」と。
まったく、よくこんな教師がいる学校が進学校面をしているものです。滅んでいいんじゃないですかね。いっそ富山ごと。


蛇足。高山岡南高校の偏差値を調べたHP。爆笑です。突っ込みどころ満載です。子供の教育云々を説いていても、最終的に具体的な金の話になるところなんて、笑い無しには読めません。以下、突っ込みどころを抜粋しつつ突っ込んでみます。

(使用者からのお便り)
>息子は、新しいテレビゲームを常に欲しがり、その度に買ってあげていました。
>そのような息子の金銭感覚と、我慢できない性格に不安を感じていました。
(突っ込み;俺が不安に感じるのはゲームを欲しがるたびに買ってあげるお前の金銭感覚だ。直したかったらまず買ってあげることをやめておけ)
>しかし、親子でこの教材に取り組んでいるうちに、息子に変化が起こったのです。

>「テレビゲームはいらないから、塾に行かせてほしい」さらに、
>「ぼくはお医者さんになってお金持ちになる」と言い出し、中学受験に積極的になりました。
>受験の合否がどうであれ、積極的になってくれたことがうれしいです。
(小学校の時分から「お金持ちになる」なんて子供が言い出したら、「人生にはもっと大事なことがたくさんある」と、こんこんと説教するべきだと思うが)


(全国の父母の悩み)

>・テレビばかりで宿題をしません。とにかく勉強が嫌いです
(お前さんは子供の頃そうじゃなかったというのだな?もしそうだというのなら諦めろ。なんせお前の子供だ)
>・集中力がありません。机に向かってもすぐにあきらめてしまいます
(「諦める」と「集中力」は別物だろう。身につけるべきはまず「忍耐力」だ)
>・友達が少なく、学校に行くのを嫌がるときがあります
>・小遣いをあげても、一日で使ってしまい、無駄遣いが直りません
(だから、まず小遣いをそんなにあげなきゃいいだろ)
>・いつも「できない」「わからない」と言い、全く自信を持ってくれません
(無根拠な自信しかなくて知ったかぶりをするよりは、よっぽどいい。自分の知識をひけらかすよりは、慎み深さの方がすばらしき美徳だ)
>・リーダーシップがなく、控えめで、損をしているように思います
(思えるだけだ。空威張りの無駄なリーダーシップなんか発揮されるより、控えめな方が深い感受性を得られると思うぞ)
>・何度注意しても、返事はするが、行動に移しません
>・人や物に対して、感謝の心がありません。もちろん、お手伝いもしません


(よくあるご質問)

>●「中学生は対象ですか?もう遅いでしょうか?」という質問をいただきました。
>教材の表現方法は小学校低学年の子供向けにアレンジしています。
>しかし、この教材は大人向けの内容もかなり含まれているため、中学生でも多くの気づ>きが得られます。
>ある利用者の声で、「子供のために購入したのに、母親の私まで勉強になりました」とい>う感想をいただいたことがあります。中学生でも決して遅くはありませんよ。
(それはつまり、母親が大人になれずに子供を生んでしまったということではあるまいか。な人間に子育てなんかできるか)


とまあこんな感じ。
ここなんで暇な人は見てみてください。こんな言葉にだまされる愚かな人間は本当にいるのかという気分になりますよ。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-24 20:34 | 雑記

コツ

最近バイト先で、「にんにく飯」なる料理を作らせてもらっている。

ま、簡単に言えばにんにく風味の炒飯。

にんにくチップをごま油で炒って香りを出して、チキンコンソメとバターで味付けをして、強火でささっと。

これを作らせてもらっているおかげで、炒飯のコツがわかった。

大事なのは鍋と米によく油を馴染ませること。味付けをした後はスピーディに強火で。

今我が家に来れば、店で食べるような炒飯をご馳走しますよ。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-24 00:01 | 日記

どうかな?

自殺中2の同級生「先生がからかったので…」と両親に

どうかな?どうなのかな?

とりあえず当の教師のことは置いておこう。その道義的責任は置いといて。

今このタイミングでこの生徒たちがこういうことを言うのは、自分たちの責任逃れにしか思えないのが、どうだろうか。

中学生レベルの知能、学校という社会枠組み。
それらを勘案して、このような事態が起こりうるのは理解できる。
善悪の云々は別として、事象の発生する可能性は十分だと思える。

しかし、さらにその可能性とはまた別に、この生徒たちがこういうことを言うのは責任逃れだと思う。

記事中に『「生徒たちは勇気を出して謝罪に来てくれるのに……』とあるけど、生徒側に「今のこの状況なら、いじめた事実を認めてもそれは全部教師の責任にできる」という思惑があったことは否定できない。てか絶対あったって。
自分の胸に手を当てて考えてみればわかるけど、自分が中学生の頃に、人死にまででた事件の加害者側に立ったとしたら、素直に罪を認めることなんてできない。みんながみんなリンカーンじゃないんだ。必死で言い逃れをするか、責任逃れをするか、どっちか。もし認めるとすれば、それは「絶対自分に非難の眼が向かない」と確信した時だけ。今回みたいに、教師(つまりは自分より社会的地位が確立している上位存在で、責任をとらざるを得ない立場の人間。非難の眼が集中するには好都合な人間)が槍玉だまにあげられているなら最適。まさにこのタイミングなら、自分が悪者にはならない、むしろ素直に罪を認められる人間であるとすらアピールできる。
子供が無垢で純粋なんて、大人が勝手に作り出した願望の虚像に過ぎない。
楽することばっか考えて、目先の利益にのみ捕らわれている近謀浅慮の権化。それが子供。それが若さ。欠点としての若さ。

これが教師云々て話が出る前だったのなら、この生徒たち(というか、ひいては子供全体)の善性を信じてあげてもよかったかもしれない。だけど、このタイミングはいただけない。あまりにもいただけない。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-23 00:13 | 雑記

23歳今現在の考え

小説を書いてるときの自分は、なんと言うか、自分ではない。
勿論書いているのは自分自身なんだけど、文章を生み出しているのは、ここでこうしている日常の自分では、たぶんない。
自分によく似た、限りなく自分とニアリーイコールなんだけど、どこまでいってもイコールにはなれない、そんな漸近線的な自分。

小説を書いてるときの自分は、たぶん脳内麻薬がバンバンでてる。
ドーパミン全開。エンドルフィン流出。下手すりゃ呼吸も忘れてるんじゃないかと思うくらい恍惚としてくる。
文章を考え、書き、その続きを考え、書き、悩み、カフェオレ飲んで、書き、悩み、悩み、考え、書く。
アイデア(文章)が浮かび、それを原稿用紙に書き付けている時の自分は、ものすごい形相をしているんじゃないかと思う。たぶん、息はしていない。書き終わると、頭が少しくらくらしているから。

今現在この文章(このブログ)を書いている自分も、小説を書いている自分と違えば、日常の自分ともちと違う。たぶん、小説に自分より、さらに日常の自分に近い。漸近線なのに比較ができるのかっていうゼノンちっくな矛盾もあるけど、それは置いといて。

いやはや、いったい小説を書いている自分はなにを原動力にして文章を生み出しているのだろうか。
たぶんそれは、限りなく近いけどどうしょうもなくズレている(日常の)自分とのぶれ。
そのブレが小さければ小さいほど、そいつは頑張って書ける。
自分がそいつに自身を仮託して文章を書いているのか。そうなのかもしれない。

漸近線であるということは、そいつは決して自分の延長線上に存在し得ないということだ。
ぎりぎりのところでそいつと自分は別人ということだ。
でも、そいつは確かに自分自身であはあるのだ。

この二つの存在の淡い境界線上に、自分の創作意欲は眠っている。掘り起こされるのを待っている。
自分には、そこにどんな鉱脈が眠っているのかわからない。もしかしたらくず鉄ばっかりかもしれない。
でも、そこに何が埋まっているか決められるのは自分だけ。
他の人にはくずかもしれないけど、自分にとってはまばゆい財宝かもしれない。
掘り起こして、より分けて、精製して、磨けば、他の人にとっても価値が出てくるかもしれない。


たぶん小説を書くってことは、そういうことなのかもしれない。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-17 22:10 | 雑記
財布の中には1500円。

お腹の中にはほとんど何も入っていない。

しばらく逡巡したが、結局買った1400円(税別)の本。

割と財政状況の厳しい今月。

これで帰り道になにか食べることは不可能になった。

「満足した豚であるより、不満足な人間の方がよく、満足した愚者であるより不満足なソクラテスである方がよい」

ま、そういうことなのかもしれない。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-17 21:22 | 日記

初物を食す

今年初の梨を光友会の方からいただきました。

ご馳走様。

ちなみに、リンゴや梨の皮を途切れさせずに剥くと、こういう形状になります。

d0025054_013218.jpg

















ちょっときれい。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-17 00:14 | 日記

貧民街からきました

GEORGEAのMAX COFFEE。

千葉にしかない。黄色い缶。異常に甘い。

数々の伝説をもつコーヒー飲料が帰り道に売っていたので、興味本位で買ってみた。

……

甘ぇぇーーーーーー!
砂糖の匂いがぷんぷんするぜ!ていうかコーヒーの匂いが全然しねぇぜ!
練乳を入れたから甘くなっただって?いいや違うね。こいつは生まれついての甘党だぜ。
ジョージアさん、さっさと販売をやめちまいな!

とまあ思わずスピードワゴンになってしまうような味だった。

甘党の俺でもさすがにアレはない。

自販機の前をクールに去るぜ。


ちなみにこんなん。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-15 01:00 | 日記
昨晩のフジ「魁!音楽番付」に一言申したい。

生放送を銘打っておきながら、録画で半分近く時間を埋めるのはどういう了見だ。

途中の宮川大輔と山田優のVTRは、あいつらのプロモーション以外の役割を果たしていない。そんなもんは普通の録画の時にやってくれ。

ユースケ・サンタマリアみたいな投げっぱなしのテキトークしかできないやつを生放送の司会に据えるな。ゲストがかわいそうだ。

なによりかにより、そんなぐずぐずの構成、進行、企画のせいで、クロマニヨンズの初の生放送出演をないがしろにしたのが許せない。全国一億三千万のファンに頭を下げるがいい。

どうでもいいけど、オリコンのおそらく30%前後がジャニーズ関係の曲で埋め尽くされていたのはそういう時代だと割り切るしかないのだろうか。特に20位以上は酷い。確実に五割越えのジャニーズ率。トップ3は全部ジャニーズ。かつての近藤真彦や少年隊、シブガキ隊華やかりし頃の再来なのか。もはや歌が単純な楽曲の巧拙ではなく、歌とは直接関係ないブランド名だけで売れている感じだ。まさにアイドル。アイドルがだせばそれでいいんだな。
[PR]
by yamada-07 | 2006-10-13 00:59 | 日記