by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ふいー

処女作ようやく書きあがる。およそ15万字。三ヶ月弱。

……もうちょっと早く書けるようになろうかな。

とりあえず、そんな自分を祝してブーツでも買おう。

今年中にパソコンで清書はしておこう。
[PR]
by yamada-07 | 2006-11-29 20:01 | 日記

嘘だといってくれ

子供の名付け(命名)DQN度ランキング

嘘だといってくれ……

こんな名前をつける親がいるなんて、嘘だといってくれ、頼むから……

今、文科省は、いじめの防止を呼びかけることより、子供にこんな名前をつけないよう呼びかけるべきだ。

嘘だといってくれ……
[PR]
by yamada-07 | 2006-11-18 02:06 | 日記

勘違い

リリー・フランキーの、「東京タワー オカンと僕と、時々オトン」が200万部を突破したらしい。

まあ一読したことすらしたことがないので、内容については何にも言えないのだが、今日電車の車内広告でこの記事を見たときに、発売当初からずっと勘違いしていたあることに気づいた。

私はこの本のタイトルを「東京タワー オトンと僕と、時々、オカン」だとずっと思っていたのだ。

ちょっとした違いのようだが、この間違いは非常に大きい。

前者の(つまりは正規の)タイトルから受ける印象(読んだことないので、内容がこの通りなのかはわからないけど)は

「母子家庭の中で、母として接しながらも、時には父親の役割もこなさなければいけない母親と子の愛情溢れる物語」

だが、後者(勘違いしていた方)から受ける印象は

「女装癖のせいで、子供が物心着く前に妻に逃げられた父親だが、子供が成長してからも時々子供の前で女装をして母親の役割をこなしている、屈折した家庭のちょっとグロテスクな物語」

だ。

というか、今日の今日まで、俺は実際そういうお話なんだと信じ込んでいた。
あぁ、ずいぶんと妙な話が流行る日本なんだなぁ、と。


意外とこの嘘タイトルのほうが素っ頓狂な小説はができたりして。

なにはともあれ、リリー・フランキーごめんなさい。
[PR]
by yamada-07 | 2006-11-14 21:08 | 日記

かがくとがくしゅう

いつごろなのか正確なところは忘れましたが、小学生の時に読んだ「○年生の読み物」という雑誌(いわゆる学研のおばちゃんが持ってきてくれるようなやつですね)の中に、海外から転入してきた男の子がいじめられる話がありました。海外での長い生活で、日本の小学校になかなか馴染めないその男の子に密かに胸を痛めていたクラスメートが、勇気を出してクラスのみんなに「いじめはやめよう」と呼びかける……まあいかにも小学生に読ませたがるようなお話ですね(確かその話の中で、転入生が漢字を上手く読めず、「加工工場」を「カロエエ場」と読んでしまい、それをネタにしばらくからかわれるというエピソードがあったようななかったような……。最終的に、そのクラスメートと転入生が、担任の先生の提案で二人してブルーハーツの「Train-Train」をギターとブルースハープでデュオをしたことで、皆との溝が埋まる、てのはまた別の物語でしたっけ。はい蛇足でしたね)。

で、その転入生がクラスメート(以下A)と話をしているときに、ステイツ時代の学校生活と日本のそれとを比較してこんなことを言いました。
「むこうの学校では、"why"と"if"が大事だったんだ。そうやってみんな勉強していたんだ。でも日本ではどちらもない。せめて"why"だけでもあったら……」
みたいな感じです。十年以上前の記憶なので細部は違うでしょうが、おおまかなところはあってるはず。

当時の無垢な私は「ふーん、メリケンの学校てのは、ずいぶんハイカラなことを教えてるんだなぁ。そういうものがあるとあんなイカした金髪碧眼になれるのか。やっぱり肉ばっか食って生きてきたやつらは考えることが違うな」と思った――わけでは無論なく、「ふーん、そういう考え方をする文化には、いじめなんてないんだ」などと思ったのです。

まあそう思う私にも多少問題がないわけではないでしょうが、これ自体、けっこう問題のある文章じゃないでしょうか。
今考えるに、おそらくこの物語の寓意は「いじめ、かっこわるい」というものと、「"why"と"if"でものを考える習慣を身につけよう」というものなのでしょう。その寓意自体は咎められるものではありません。いじめ云々は勿論ですが、"why"と"if"に拠る思考法もあるにこしたことはないでしょう。

しかし、だからといってこのような形、つまり、いじめの原因がそれだととられかねない形で物語の中に盛り込むのはいかがなものでしょう。そこまでいくと、道徳的を通り越して、イデオロギッシュな臭いさえしてきます。
「アメリカ万歳」的な安っぽい舶来礼賛。反転した形で伏流する「だから日本はダメなんだ」的な発想。
最後がちゃんといじめが無くなるハッピーエンドなだけに、その正当性は強化されます。

ちゃんといいとこあるよ、日本の文化。
謙虚さや慎重さってのは古来からあり、且つ、今まさに皆が忘れかけている美徳じゃないですか。アメリカ様みたいに、とにかくはっきり自分の意見をもつことがなにより大事、もたないやつは無能なんてどこのどなた様が決めてくださりやがったんですか。わからないことは素直にわからない、判断できないことは保留する。また、いったん判断したものでも、それが状況次第で覆ることも多々あるということを理解するのも、非常に大事なことだと思います。
全てのことにきちんと自分なりの意見をもつのも大事なのかもしれませんが、それが二元的、単一的に決定されるものでもないですよね。「判断しかねる」という意見もあるはずです。
少なくとも、それも同時にフォローできるような物語が同じ雑誌の中に入ってて欲しかったですね。まあ私が忘れているだけで、本当はちゃんと掲載されていたのかも知れませんけど。バックナンバーとかないのかしらん。

ちなみにこちら、学研の科学と学習のホームページ
いいな、ちょっと購読したくなっちゃった。
私が読んでいた頃には、あさりよしとお氏が科学漫画を連載していましたね。ちなみに私は科学派。姉(あるいは兄か)は学習を購読してましたので、私は両方読んでいました。小三の分際で六年の学習なんぞ意味の良くわからないまま読んでいたのだから、姉にしてみるとさぞ鼻持ちなら無い弟だっやことでしょう。
[PR]
by yamada-07 | 2006-11-07 23:09 | 雑記

サイレントマジョリティ

好きでも嫌いでもなかった石田衣良氏ですが、トンデモ人間であるという意見が圧倒的なスピードで可決されようとしています。

【毎日新聞】「中韓と"仲良くしなくていい"が圧倒的だが、サイレントマジョリティを考慮して"したほうがいい"に決定」…石田衣良氏


ええええええええええ!?

本気ですか?
この論理はありなんですか?
っていうか、これは論理と呼んでいいんですか?
高視聴率を誇った「池袋ウエストゲートパーク」ですが、サイレントマジョリティを考慮して駄作だと決めていいんですか?

アンケートの存在意義って何。
[PR]
by yamada-07 | 2006-11-02 22:34 | 駄文