by yamada-07
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一月 January
・ローマ神話の、入り口とドアの神「ヤヌス Janus」にちなむ。入り口の神であることから転じて、物事の始まりを司る。頭の前後に顔のある神。ギリシャ神話に対応する神を持たない

二月 Feburuary
・ローマ神話の、慰霊の神「フェブルウス Februus」にちなむ。この神は死者の魂と密接に関係することから、後にプルートと同一視される。プルートはギリシャ神話のハデスと同一視される

三月 March
・ローマ神話の、農耕と戦いの神「マルス Mars」にちなむ。マルスはギリシャ神話のアレスと同一視される

四月 April
・ローマ神話の、美の女神「ウェヌス Venus」のラテン語「Aprilis」にちなむ。日本では、ウェヌスはビーナスと呼称されている。ギリシャ神話のアフロディーテと同一視。
・ラテン語で「開く」を意味する「aperire」に由来するという説もある

五月 May
・ローマ神話で、豊饒の女神「マイア Maia」にちなむ。ギリシャ神話では、プレアデス七姉妹の長女。ゼウスの子、ヘルメスを産んだ。また、他の姉妹同様、オリオンに追い回されていた

六月 June
・ローマ神話の主神ユピテルの妻、結婚生活の守護神「ユノ(ジュノー) Juno」にちなむ。ジューンブライドが幸せを呼ぶというのはここから。ユノは、ギリシャ神話におけるヘラ。

七月 July
・古代ローマの政治家、「ユリウス・カエサル Juliusu Caesar」にちなむ。カエサルがローマ暦(太陰暦)を改め、ユリウス暦(太陽暦)を採用した

八月 Augusut
・ローマ帝国初代皇帝「アウグストゥス Augustusu」にちなむ。誤っていたユリウス暦を訂正し、同時に、八月を31日とし、代わりに二月を28日にした(なぜ二月から減らしたかは後述)。カエサルは義父。

九月 September
・「七番目の月」の意(なぜ七番目かは後述)

十月 October
・「八番目の月」の意(なぜ八番目かは後述)

十一月 November
・「九番目の月」の意(なぜ九番目かは後述)

十二月 December
・「十番目の月」の意(なぜ十番目かは後述)


備考
ユリウス暦以前のローマ暦では、年初が今の三月であったため、アウグストゥスが八月の日数を増やした際には、単に年末扱いだった二月から引いた。
また、年初が三月であるために、SeptemberからDecemberまでの意味が二ずつずれている。ローマ皇帝の名前が二つ入ったからずれたというのは俗説らしい。




wikiすげぇ。
[PR]
by yamada-07 | 2007-05-20 02:18 | 日記

焼酎についての覚書

焼酎の甲類、乙類の違い

甲類
・現在で言う、「連続蒸留焼酎」
・糖蜜等を原料とした発酵液を元に、連続蒸留器で蒸留して、高純度エチルアルコールを精製して、そこに加水したもの
・日本の税法上で、アルコール36%未満
・低コストでので大量生産に適している

乙類
・現在で言う「単式蒸留焼酎」
・米、麦などを原料として作る、日本在来の伝統的製法の焼酎
・日本の税法上で、アルコール45%未満


乙類の一般的な製法
1.もととなる原材料(多くは米、あるいは麦)に麹菌を加え、こうじをつくる
2.こうじをタンクや甕で発酵させ、もろみをつくる(第一次発酵)
3.一次発酵させたもろみのなかに原材料をいれ、発酵させる(第二次発酵)。このとき投入した原材料が、焼酎の主要な原料として表記される(サツマイモを入れれば芋焼酎など)
4.アルコールが精製された発酵液を蒸留する


備考1;泡盛
・分類上では、乙類焼酎のうち、「米こうじ(黒こうじ菌を用いたものに限る)および水を原料として発酵させたアルコール含有物を、単式蒸留器により蒸留したもの(水以外の物品を混入したものを除く)」となっている
・私的な解釈では、第一次発酵させたもろみに何も加えず、第二次発酵を経ずに蒸留したものを泡盛と呼ぶのではないかと思われる(=原材料に米を用い、黒麹菌により発酵させた米麹をそのまま単式蒸留器により蒸留したもの)
・三年以上寝かせたものは古酒(クースー)と呼ばれる

備考2:カストリ
・粗悪焼酎に対する俗称。本来の「粕取り焼酎」とは全く意味を別とする
・第二次大戦後の物資不足の時期には、メチルアルコールに加水したものすら出回った
・「カストリ雑誌」とは、同じく戦後に出回った、粗悪紙に粗雑な記事を書き、扇情的な表紙を添えて乱発された泡沫雑誌の蔑称。その心は「どちらも三号(三合)でつぶれる」
[PR]
by yamada-07 | 2007-05-20 01:20 | 雑記